読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hatena::Blog::Code404

日々のことをつらつらと。

解らないし知らない、そして悔しい

今日は仕事を終えてから大阪へ行き、コムサイズムでウエストバッグを購入。以前に買い物をした際にくれたチラシに一目惚れするようなデザインのが載っていたので買いに行ったのですよー。

バッグ関係の場所につき、他のバッグも物色してると店員が来たので色々お話してみた。もちろん、バッグについて。店員は一目惚れしたやつより他のを薦めてきたが、ちょっと趣味から外れてるのとあまり物が入れれなさそうだったのでお断り。やっぱり一目惚れしたやつに決める。色は黒を薦められたが、普段黒を買う傾向が高いので断った。店員の話、意味ねーじゃん!

そして買い物を済ませたあと、 SAW2 をレイトショーで観にいった。…あぁ、思い出すだけで悔しい。

映画開始からジョンとエリックの会話ゲームが始まった途端に気分が悪くなってきた。どうやら貧血らしい…。しかし、座ってるから大丈夫と自分を宥め、ジョンのトークに耳を傾けようとするも、まるで頭に入らなくなってきた。このままでは吐いてしまいそうだと判断し、周りに小声で詫びながら会場を出た。そして休憩所が目と鼻の先という所で一瞬意識が途切れる。気付いた時には、音だけの世界だった。目は開いてるはずなのに。どうやら、壁に頭をぶつけてるらしい。手探りで壁を背にした時に鉄製の柱の音が聞こえた。足がぶつかったらしい。この時に視界が広がる。足が思うように動かなかったがなんとか休憩所の座席に座り、後ろにもたれると汗だくなのに気付いた。恐らく顔色は真っ青だっただろう。そこで数分くつろぐと回復してきたので、トイレに行って自分の顔色を窺うも普通に見える。汗だくだが。何故、数分で回復するような貧血に楽しさを奪われればならないのかと、急に苛立ちと悔しさが混みあがりくそっ! と叫んだ。…その瞬間にトイレの個室からどこぞの店員が申し訳なさそうに出てきた。ごめんなさい…。その後は、上映会場には戻らなかった。他の客への申し訳なさと貧血の再発を恐れたから。

原因はなんだろう。映画の内容では無い事は確かだ。前回は普通に観れたもん。会場は前回と違って狭くなっていた。思うに、自分への不自由さからくるストレスなのではないだろうか。あまり身動きが取れない状態が続き、そこに快適さが無い時、私は過剰なストレスを感じるようだ。電車でも座るのは好まない。身動きが取り難いからだ。現に過去にそれが苦痛だと感じてるし…。他の要因として仕事の疲れもあったのかもしれない。

少し自分が怖くなったよ。いいよ、好きなセリフ そうとも、血の海になる は聞けたから。