読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hatena::Blog::Code404

日々のことをつらつらと。

体調悪化週間

今週は今まで生きてきた中で最高に最悪な一週間だった。

日曜日は良かったんだよ。ネットの友人に誘われ飲みに行き、うひゃひゃーって感じでさ。

問題は月曜日からさ。目覚めたら、なんだか喉が痛いんだ。でも、その時の症状はそれだけだった。だから普通に出社したんだが、これが間違いだった。なんてこった! 会社に着いて一服し終えた途端に眩暈がするんだよ。うちの部署は、いや、会社は人数がギリギリの為、それでも何とかその日の仕事をやり遂げたんだ。けどな、帰路につくと寒気を感じるようになってしまったんだ。それからさ。こうやって文章を書いてる最中にも襲い掛かってくる咳に耐えなければいけなくなってしまったのは。

翌日の火曜日はさすがに仕事は休んだ。私だってバカじゃない。これが風邪だって事ぐらいは分かる。幸い発熱はしなかった。軽い頭痛はあったがね。だが、身動き一つとれないんだぜ。いや、まてまて。そうじゃない。比喩だよ。本当に動けないわけないだろ? 動こうとすれば激しい咳に襲われるって事さ! もうその日は大人しく睡眠に徹したよ。

そして水曜日の朝だ。頭痛や眩暈の類は一切感じなかったんだ。まだ咳込むが休むほどってものじゃない。ああ、そうさ。出社したよ。病気ってのは治りかけが危ないっていうのは本当だったんだな。会社に着き、暫く作業をこなすと、また頭痛が襲ってきやがった! なんだよ、チクショウめ! でも、昨日ほどじゃない。働ける。昼を過ぎる頃には頭痛のヤツともおさらばさ。二度と会わないことを約束してな。何故だか咳のヤツだけは凄みを増したけどね。既にこの日には腹筋が筋肉痛さ。

木曜日。この日も大変だった。咳は弱まったんだが、いつの間にか増援を呼んでやがったんだ。鼻炎だよ。私の口は咳とクシャミで手一杯にされた。鼻は延々と溢れ出る鼻水をすすりまくったおかげで真っ赤さ。今思い出しても本当に嫌になる。クシャミと咳に同時に襲われたときなんて最高に胸糞悪かったぜ。

やっと週末に差し掛かる金曜日さ。なんと下痢だ。おいおい、待ってくれよ。なんでこんなタイミングなんだよ。やっと咳も治まりかけてきて、健康状態が目と鼻の先って時に下痢かよ。ふざけんな、コンチクショウ! しかし、向こうはそんな事はお構いなしさ。出すものを出しても、ずっと腹痛の連続。私の唯一無二の親友はこの真っ白い便器ってか。あんたの顔なんざ、見飽きたんだよ、糞が! いや、糞だな。文字通り。

今では下痢もその勢いを無くし、咳のやつも虫の息だ。あと少しだ。あと少しで安息を手に入れることが出来る。待ってろよ、必ず辿り着いてみせるからな! その前に愛すべき便器に挨拶してきてやる。これでサヨナラだってな!