読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hatena::Blog::Code404

日々のことをつらつらと。

初めての <a href="http://www.usj.co.jp/" title="ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(TM)"><abbr title="Universal Studios Japan">USJ</abbr></a>

初めて USJ に行ってきたぜ! 11:30 頃に入場したけれど、メジャーなアトラクションは殆ど回れた。ショーの大半は逃したけれど満足満足。

写真は Frickr を参照してくれい。 (http://www.flickr.com/photos/code404/tags/usj/)

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド

順番待ち中に貧血になる。朝弱い。けど、アトラクションに乗ってからは復帰! 想像以上に揺れる揺れる。縦に横にと大暴れだったもんで、後頭部をガンガン座席にぶつけてしまい、それが余りに面白くて笑ってしまった。肝心のストーリーははっきり言って、原作を知ってる人には不満だろうなぁ。ライド系にはお決まりと言っていいほどの、水上航海とか恐竜とか。現代に戻る方法というのもいい加減すぎる。リメイク希望。

主演はドクとビフとアインシュタイン。マーフィーはいずこ。ちゃんと俳優が出演してくれてるんだが、日本語音声なのがしょんぼり。

不満も以上のようにあるけども、やっぱり面白い。こだわってる所はこだわってくれてる。スピードメーターがあって、アトラクションの映像に合わせ随時変化し、しっかり 88 マイルになったらタイムトラベル。例の次元転換装置も前部についてる。前列・後列とあって上手く前列に座れれば幸せ。私は後列だった。

スヌーピー・プレイランド

名前だけ聞くとエロい*1。中身はウォータースライダー。水はそんなに浴びないし、スヌーピーも関係ない。スライダー部は完全に筒状になっており、空は見えない。

乗り終えた感想は、あれ、もう終わり? って感じ。

E.T. アドベンチャー

子供向け。乗らんでよろしい。

これだけでは、なんなので少しだけ詳しく。自転車型のアトラクションに乗り込み、淡々と設置されたオブジェクトを眺めていくだけ。特に感動する場所も驚く場所もなく。 E.T. ファン以外は乗る必要もないんじゃないかな。

ターミネーター 2:3-D

映画館のようなスクリーンを立体映像で楽しむアトラクション。設定は 2 と 3 の間なんだろうか。私たちがサイバーダウンの新プレゼンテーションを見に来た中で、主役のあの 2 人が乱入しスカイネットを破壊する筋書き。

見所は劇中よりも、むしろその前。プレゼンテーションを行う女性のパフォーマンスが面白すぎる。 USJ で一番面白かったかも知れない。流暢なトークで人を小ばかにしたり、間抜けな部分を見せたりと笑わせてくれた。

立体映像は USJ で一番凄いのではなかろうか。人と映像が入り混じってて楽しめる。映像では映画と同様の配役。立体映像ならではの、目前に迫ってくる映像はそれなりに楽しめるけども、先端恐怖症の人は止めたほうがいいかも。液体型ターミネーターのようなものが先を尖らせた部分を目前にまで迫らせてくる。のけぞるのけぞる。

アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド

立体映像とライド系を混ぜたアトラクション。 USJ の中で一番面白いアトラクションだった。映画を元にしてるのではなく、原作のコミックを元にしている。故に映画では出てこない敵も出てくる。というか、敵総出演なんじゃなかろうか。

ライドはその場で映像を楽しむのではなく、館内を移動していくタイプ。グルングルンと回ったりお約束の落下など十分に楽しめた。途中、水を多少被ったり熱や風を感じる場面もあり。五感で感じるアトラクションって感じ。グッド!

ウォーターワールド

劇を観戦するショー。原作を全く知らないが十分に楽しめた。劇本編が始まる前には愉快なトークで盛り上げてくれるし、バケツで水をプレゼントしてくれる。前から 3 列は必ず濡れると言って過言ではない。その前座(?)の際に俳優(?)の 1 人が柵越えに失敗し股間を強打して硬直してたのが最高に面白かった。動けるか? という問いかけに無言で首を振ってたよ。わかる、わかるぞ、その気持ち! 仲間に飛べとジェスチャーされ暫くピョンピョンしてた。にも関わらず劇が始まると元気に走ってた。大丈夫かいな、あんた。

私は観客席中央付近に座ったのだが、はっきり言って失敗。手前にある劇中で使われる柱が邪魔になり、奥の柱で行われる劇があまり見えなかった。座るなら、入場口降りてすぐがいい。ここは観客席から言えば中央ではないのだが、劇から見れば中央らしい。注意するように!

ジュラシックパーク・ザ・ライド

急流滑りとライド系を混ぜたもの。立体映像などは一切なし。ライド中は楽しむ場面は無いに等しかった。ただ、恐竜の動く模型を見ていくだけ。

急流滑りはなめてはいけない。ズブ濡れ必死なので、必ずカッパを購入(300 円)したほうがいい。あとフードも必ず被っとけ。私はひどい目にあった。

急流滑りを楽しむだけのアトラクションと言ってもいいかも知れない。

ピーターパンのネバーランド

花火が上がる。…食事中で見逃したさ。

*1:と言ったら引かれた