読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hatena::Blog::Code404

日々のことをつらつらと。

FFT #8 ムスタディオ親子救出

イベントバトルの人間ユニットはレベル固定(?)なのでさくさく進むよ! こっちの方が圧倒的に高いよ!! ラムザだけ。

ツィゴリス湿原

忍者ラムザ、ナイトのラッド、シーフのアリシア、時魔道士ラヴィアン、ボコで出撃。最後の一人は迷ったあげくボコ。

この湿地帯は水場に入ると毒になるので、敵を待ち伏せて迎撃する作戦をとる。敵はアンデッドばっかり。ラッドは真っ先にボコに乗る。というか、敵が迫ってくるより先に、ムスタディオが銃で邪心封印*1を連打して、あっさり勝負がつく。

ジョブポイント稼げず。

機工都市ゴーグ

町の様子は至って平和。バード商会の姿もないし、ライオネル騎士団と争った形跡もない。何か変だという事でムスタディオが探りを入れることに。後でスラム街で落ち合う約束をする。

ゴーグのスラム街

出撃ユニットは忍者ラムザ、ナイトのラッド、シーフのアリシア、時魔道士ラヴィアン、女召喚士。

待ち合わせ場所に一向に現れないムスタディオを不安がるラムザ。そこに、ムスタディオを人質にとってルードヴィッヒが現れる。ルードヴィッヒは聖石の在り処を吐かせようとするが、ムスタディオはだんまり。しかし、父親も人質にとられており、父親は家の中に放り込まれ已む無く在り処を吐く。「煙突の中だ…。ちょうどラムザが立っている場所だ。」外かよ。びっくり! ラムザに聖石を取らせ、ムスタディオは開放される。「この輝き、まさしくゾディアックストーン(聖石)! さぞ枢機卿様もお喜びになるだろう!! あとは始末しろ!」と残しルードヴィッヒは立ち去る。「枢機卿もグルだったのか…ッ!!」と驚いたところでごろつきとバトル。

敵も召喚士がいて召喚バトルになるもこちら側が負け。召喚士が倒れたおかげでクリスタル継承できず。回復手段なんてない!! すぐに殲滅にかかりクリア。

父親の元へ急ぐと無事に救出。聖石を渡してしまった事を嘆く父親だが、ムスタディオは懐に本物の聖石を持っていた。「じゃあ、僕が奴らに渡したのはニセモノだったのか! …という事はオヴェリア様とアグリアスさんが危ない!」とラムザが頭フル回転。バード商会とまで手を組んで聖石を欲しがった枢機卿の目的はゾディアックブレイブを利用する事で、この治安の悪い世で救いを求める民衆は聖石を持つ枢機卿を崇めてしまうだろうと推測。ニセモノだと気付いたら王女らを人質にするかも知れない。父親も「彼の言うとおりだ。」とか言ってる。急いでライオネル城へ戻る事にするが、来た道は既に封鎖されてるだろうから、船で裏側へ回り込む事にする。

ここでムスタディオが正式に加入。機工士はすごい使えるジョブなのでメインで育てるよ!

*1:アンデッドの肉体を石化